映画館で「探偵はBARにいる3」を観た!

映画を見に行きました。

映画館はガラガラなんですね。久々に行ったらビックリしました。観に行った時間が遅かったせいもあるけど。10人いなかったんじゃないかな?(^_^;)

観た映画は「探偵はBARにいる3」です。

最近やたらとテレビで大泉洋さんが映画の宣伝に出まくっていましたから。気になってたんです。

過去の2作品もAmazonプライムビデオで見放題の対象でしたので、3を観に行く前に楽しんじゃいました!

最強コンビ+マドンナ+車

毎回ステキなキャストで楽しませてくれる「探偵はBARにいる」シリーズ。やはり中心となるのは主演の大泉洋さんと松田龍平さんですね。そして毎回素敵な女優さんが演じるマドンナ。そしてそして、今回もポンコツ車がいい仕事しております。

探偵役は大泉洋さんしか考えられない

この映画の「探偵」役は大泉洋しか考えられませんね。ハマり役だと思います。

おなじみとなった拷問シーンは笑えます。「3」でもしっかりやられています(笑) そこで見せるリアクションは、バラエティー番組でいじられている時の大泉洋さんそのものです。喫茶店のおねーちゃんとのやりとりも思わず笑っちゃいます。

それでいてアクションシーンなどはやたらと、かっこよかったりします。更に依頼人の為には命もはる覚悟の仕事っぷりには感動します。

あとこの探偵さんは、毎回マドンナに惚れちゃいますね(^_^;) 今回も北川景子さん演じる岬マリに振り回されるながらも最後は助けてあげちゃいます。いつも通りですね。優しい探偵さんです。

笑えるキャラでいて、女に弱く惚れやすい、でもいざというときは超かっこいい男。大泉洋さんがいいですね、このこの役は!

最強の相棒、松田龍平演じる高田

松田龍平さん演じる高田は、最強の男です。乱闘になっても探偵はボコボコでも高田はいつもケロッとしています。

でも今回は強敵が現れて苦戦します。クールな男がちょっとムキになっちゃうところも「3」の見どころです。

高田を演じている松田龍平さんは、ちょっとダサめの服とメガネがいい感じです。なんかかっこいいんですよね。そんなルックスなのにメチャメチャ喧嘩が強いっていうキャップがたまりません。

この人のアクションシーンを見ていると、松田優作の息子さんだと改めて感じます。瓜二つという程ではないですけど、雰囲気は伝わってきます。お父さんのほうがハデでしたけど(^_^;)

北川景子…まさか、あのキャラまで

とてもお綺麗な北川景子さん。今回も素敵でした。演技が上手いとか下手とかと違った次元で存在感抜群です。スクリーンに映った瞬間に引き込まれちゃいました。

演技もたいしたものです。びっくりしたのは、回想シーンで若いころを演じたときです。まさに少女の表情でした。メイクや映像処理の技術による力もあるかもしれません。でもホントに若く見えちゃってます。凄い。この頃は人生の中でもどん底の時期で、抜け殻のようになっています。抜け殻っぷりもお見事です。

北川景子さん演じる岬マリは風俗店の支配人です。強面の男たちも指図してしまう強い女です。そんなお高い感じの女性もしっかり演じています。かっこいい!

また探偵と遊んでいるときは、無邪気な可愛い女に変身します。はしゃいでいる北川景子さんもいいですね。ひとつの映画でいろんな表情を見せてくれました。

更に…
これは私だけが感じたことかも。北川景子さんが「5,4,3…」とカウントダウンするセリフがあるのですが…

最初の「5」を大きな声で「ゴー」と言ったとき。私にははっきり見えました。そう、あのお方が…

ドラマ「家を売る女」の三軒家万智です。毎回叫んでいたあの「Go-」です。こんなとこで会えるとは。

B子
いい加減にしなさいよ
としぞう
はい。。。

ポンコツ車はポンコツじゃなかった?

もう一人(?)の重要なキャスト。高田の運転するポンコツ車。

肝心なところで黒い煙を吐き出す特技を持っています。なかなかエンジンがかからず、二人を困らせます。でも結局はきちんと仕事はします。憎めないヤツです。

ところが「3」では、あの人が運転することに。そして一発でエンジンをかけてしまう。

としぞう
なんや、女好きやったのか

その他のキャストで注目されるのは前田敦子さんでしょうか。AKB時代や卒業後すぐの頃は当たり前のように主役をはっていた彼女も、最近は脇役が多くなっていますね。でも結構存在感はありますね。この映画でもいい味だしています。無理して主役をはるよりも、こういう役をどんどんやっていって欲しいです。

おなじみとなった俳優陣も相変わらず楽しませてくれました。

ゲイバーのママを演じる篠井英介さん。この人は下町ロケットの意地悪な役のイメージが強いです。そういう役をやらせたら天下一品ですが、ゲイバーのママも素敵にこなしています。

あとは探偵の拷問役の「相田」を演じている松重豊さん。そのドSっぷりはこの映画の魅力のひとつですね。いいキャラ出しています。名刺のCMの次ぐらいかな?(笑)

たまには映画館で観るのもいいですね。いつもテレビで拝見している俳優さん達の演技も迫力を感じました。大きなスクリーンの臨場感は映画館ならではです。

としぞう
映画館に行って良かった!

エンドロールのあとにも本編の続きが…見逃した

「探偵はBARにいる3」はエンドロール後にも本編が残っています。でも私は見てません(^_^;)

電車の時間があったので、エンドロールの途中で退場しました。その時は本編が残っているとは知らなかったのです。後でネットで調べて内容はなんとなくわかりましたけど。見ておけばよかった…だって結局電車に乗り遅れてしまったのです(笑)

普段は長時間座っていることがないので、座っている態勢に慣れてなかったんでしょうかね。脚がつりまくり(^_^;) 100メートル手前で電車をお見送りしました。

エンドロール後は別として、また観たいと思う映画でした。Amazonプライムビデオで配信されたら観ようと思います。

過去の2作品はプライムビデオで見放題に入ってますので、いずれ登場するのではないでしょうか。気長に待ちます。

それまでは過去作品を再度観て楽しむことにします。

「探偵はBARにいる」Amazonプライムビデオで観る

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」も観てみる