「雑談のトリセツ」雑談力を鍛えてみる

前回の記事で「雑談の上手い人 下手な人」を読んだ記事を書きました。

「雑談が上手い人 下手な人」私は下手な人です
雑談は苦手です。特に初対面の人との会話は苦手です。何を話せばいいのか分かりません。そのことで50過ぎるまで悩んだことはないです。でも前日目にした「雑談」本が気になり読んでみることに。なぜだ?

なかなか面白かったので、雑談の本をもう1冊読んでみることに。

「雑談のトリセツ」というタイトルからして、上達しそうな感じです。期待してしまいますね。でも本を読んだからといって上達するとは限りませんけどね。

しかし学ぶことはいいことです。同じ「雑談」をテーマにした本でも学べることは異なるかもしれませんしね。雑談が苦手な私にはきっと参考になることがあるはずです。

聞き手の役割

この本では「聞き手」と「話し手」に分けてポイントを解説してくれています。

正直なところ、雑談をしていて「聞き手」「話し手」など意識したことはありませんでした。会話をしているのだから当たり前のことなのですけど。それぞれの役割を改めて考えたことはないですね。

としぞう
だから雑談が下手なんだな…

でも両方いっぺんに上達するのは難しいですね。まずは「聞き手の」上達を目指してみることにしましょう。

雑談に苦手意識があると、

何を話せばいいんだろ?

と、自分が話すことに焦ってしまいます。

ならば、

相手に気持ちよく話してもらうことを心がける。これなら出来るような気がします。

B子
それが案外難しいのよ
としぞう
まあ、そうなんだけど…

聞き手がすることは2つしかありません。相槌と質問 です。

引用:山口直樹. 雑談のトリセツ: 会話が楽しくなる!

分かりやすいポイントを2つあげてくれています。

相槌については、相手がエンジン全開で話してくれていれば出来そうです。しかしこの本でも「いい相槌」と「悪い相槌」について解説しています。

気をつけるのは、

ポイント

相手の感情
相手の気持ち

ここに気を配り相槌をしなければいけません。

でも相手に気持ちよく話してもらうには、「質問」のほうが重要で難しいような気がします。

そもそも「相槌」だけでは、あまりにも相手任せすぎます。全開で話してくれるような「質問」をしないといけません。

この本では質問の仕方も解説しています。その中でとても参考になったことがあります。

記憶は、色々な気持ちと結び付けられて記憶されることが多い。ですから、気持ちが刺激されると、「話す内容」を色々と思いつきやすいのです。

引用:山口直樹. 雑談のトリセツ: 会話が楽しくなる!

これは大きなヒントになりそうです。

例えば、

「通勤途中に誰かに後ろからぶつかられて、転んでしまって足を擦りむいたので、足が痛くて歩くのが遅くなって電車に乗り遅れた。」

という朝の大事件を告白されたとします。これは「気持ち」のてんこ盛りです。

  • ぶつかられた→ムカついた
  • 転んだ→恥ずかしかった
  • ケガした→痛かった
  • 電車に乗り遅れた→遅刻する 焦った

会社の始業前の喫煙室では、収まりきらない雑談のボリュームになりそうです。昼休みまで延長してしまうことでしょう。

この例は私が作ったのであまり良くないかもしれませんね。しかし記憶と気持ちを結びつけるという大事なことを学びました。これを活用して聞き上手になりたいです。

雑談の上達は営業力アップに繋がる?

「雑談が上手い人 下手な人」の記事でも書きましたが、雑談と営業って共通する部分がありますね。この本を読んで更にそう感じました。

私が注目した「聞き手」

これは営業でも重要な部分です。今は営業の仕事をしていませんが、営業マン時代は常に「お客様の話を聞く」ことを心がけていました。

よくできる営業マンは、お客様8割、自分2割の割合で会話すると言われていました。お客様の情報や困っていることが商談のポイントとなるのです。

こちらが話してばかりでは、情報を引き出すことができません。お客様のことが分からなければ、いい提案なんて出来るわけがないのです。

まずは聞け

聞き上手になることが営業のはじめの一歩。営業をされている方は「雑談」の本を読むのもいい勉強になるかもしれませんね。

まとめ

「雑談が上手い人 下手な人」では、こういう人が上手い、こういう人が下手といった感じで書かれています。「ここを直さなければ雑談は上手くならないよ」と言われているようでした。

小手先のテクニックというより、心構えとしてこうあるべきだと教えてくれています。

今回読んだ「雑談のトリセツ」では、すぐに使えるテクニック的な解説をされています。特に「聞き手」について書かれていることは参考にさせていただきたいと思いました。

「雑談」についての本を2冊読みましたが、それぞれ勉強になりました。

あとは実践していくことですね。

としぞう
まずは聞き上手になる!